10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

SmilePhoto~煌き~

  // 

兄、ダウン症、弟、脳室周囲白室軟化症(てんかんと重度の知的障がいを持つ)。二人の障がい児の写真中心のブログです。笑いの絶えない日々を、写真を通じて他の見に来て下さった方にも何か伝わればと思っています。煌け!我が家の宝物!

幸せになろうよ~日記~ 


この記事はコメント欄控えさせてもらいます



画像クリックで原寸サイズ






あるブロガーさんの日記を読んでいて凄く共感する所があって
その方は今、凄く悩んでいるのだと思いました

障がい児をもつ親にしかこの切実な気持ちや不安は正直分からないかもしれないです

勿論、力になってくれる方々が本当に多くいて、感謝の気持ちも沢山もってます

我が家の一人目は残念でしたが流れてしまい、それでもやっぱ子供がほしい!と思い

2人目が生まれた子供はダウン症でした

正直、どうすればいいか分からないし何も考えられず、ただ病院の保育器に入って管が沢山
つけられた我が子を見に行くだけでした
この時可愛いとかそんな感情は全くなく、何をどう考えるかも検討もつかない日々でした

仕事に行ってもただ涙が出るだけで、もう何で泣いてるのかも分からない状態…

でも看護婦さんたちが必ず声をかけてくれていた言葉が

「この子は頑張って生きようとしてる」

初めは育てるの自分じゃないからそうやって言えるんだ、なんて思っていましたが

ふと自分で思い、考え

普通に生まれてこれなかったら自分の子供を愛せないのか?
障害をもって生まれてきた子供を他人から見られた時の人の目が気になるのか?

そんな事考えてたら、人として最低だな…普通ってなんだ…

親ってそーじゃねーだろ!人ってそーじゃねーだろ!

これが我が家の普通だろ!

家の子に生まれてきた子供が障害背負ってきてしまったなら親がグズグズ考えてる前に
子供のこれからを少しでも良い環境にしてあげる事が大事だと思いました

生まれてからの1年は殆ど病院に入院しっぱなしだったので、どこかに連れて行きたくても
中々できませんでした
少しずつよくなったといってもちょくちょく入退院の繰り返しでしたが
家に帰ってきてる時は必ず一緒に何処かへでかけていました

寧ろ障がい児って事を恥ずかしがる事もなくそれこそ普通に人にも言ってたし
友達の家の子供とも触れ合ってました

障害を持つお子さんって結構その場の空気を敏感に読みとれるお子さんが多いので
親が不安がってたり、心配ごとをしてるのを子供が敏感に嗅ぎ取ってしまうんですよね…

でも親だって人間だし、頭で分かってても気持ちが追いつかない……
焦る必要なんてないし、ゆっくりでいいから子供との距離を縮めてほしいと思う
悲しければ沢山泣いていいと思う、不安で仕方ない時も多いと思う
少しずつ強くなって、早く我が子を笑顔でギュッとしてあげられる自分を作ってほしいと思う


だって誰も、親だって悪くないんだから
今の置かれてる状況が普通なんだから…
どうせなら楽しく人生過ごして行きたいよね!!幸せになろうよ!



写真はお兄ちゃんの(ダウン症)生まれて2カ月頃



FC2ランキング

ポチッ!お願いします!


ブログ村ランキングもどれか一つポチッ!っと、お願いします!
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へにほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へにほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ

関連記事
スポンサーサイト
子供写真  /  tb: --  /  cm: --  /  △top